うつは相談することから全てが始まるという真実

発症する可能性

誰もがなりうるうつという病

うつは誰にでも起こりうる病気です。原因は人間関係や環境の変化など様々ですが過度のストレスを抱えていることによって自律神経の働きが鈍ることが要因となります。うつになると体のだるさや無気力、食欲不振や不眠など様々な症状が現れます。悪化すると日常生活に支障をきたすこともあります。 うつは心の病なので、第三者に気付いてもらいにくい病気です。また、うつの人は頑張ろう頑張ろうと無理をしてしまいがちになり、その結果症状が悪化してしまうこともしばしばあります。 早期治療のためには一人で問題を抱え込まず、酷くなる前に相談することが非常に重要になってきます。相談するにあたって家族には話せない、病院に行くのは気が進まないという人は精神保健福祉センターに相談するのがおすすめです。

まずは相談することが治療の第一歩

精神保健福祉センターに相談するのがおすすめな理由は、電話での匿名相談ができることです。 本人が病院で受診し、医師から診断や治療を受けることが最も望ましい方法ですが、うつになると無気力になってしまい外出が困難な場合や病院へ行くという決断をすることが難しい場合があるからです。電話相談なら自宅にいても可能な上、匿名の相談ができるので家族に知られたくない場合でも安心です。 治療のためにはストレスを取り除くことが大切です。人に相談することによって心が軽くなったり、医療機関への受診が必要な場合にはアドバイスがもらえ、うつで決断力が鈍っている場合でも正しい判断が下せます。 うつになってしまった時には一人で抱え込まず、まずは相談することが大切です。